FC2ブログ

鉄路への憧憬

四季それぞれの表情が豊かな日本の風景。そんな中をゆく列車の写真をご紹介します。

石北本線(23) 上白滝駅

20180725 S.IWATA

2016年3月に廃止された上白滝駅
1日に上下1本ずつしか来ない静かな駅だった。

2013.7 石北本線 Canon EOS5D MarkII / EF24-105mmF4L IS / RAW

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/07/25(水) 06:00:00|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<石北本線(24) 特急「オホーツク」キハ183 | ホーム | 石北本線(22)>>

コメント

風旅記さま
いつもありがとうございます。
またレスが大変遅くなり申し訳ありません。
上白滝駅は一日上下1本の駅でした。
周辺に民家はほぼなく、もう駅としての使命は終わっていたかと思います。
人口の縮小時代、どの交通機関も今までの姿を保つのは難しい時代になってきています。
そんな中で生き残るのは何をしなければならないのか・・・
輸送機関だけでなく地域に突き付けられている課題に向き合って方向性を出さなければならない世知辛い世の中になってしまいました。

この駅の静か好きで何度か撮影の合間に小説を読みふけった駅でした。
  1. 2018/09/20(木) 12:45:53 |
  2. URL |
  3. いわそう #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
駅としての、ある意味で究極の姿ですね。
鉄道の観点では、駅というよりはむしろ信号場としての役割だったのだろうと思います。
近年、JR北海道の経営状態から駅の廃止も相次ぎました。個々ではコスト削減も微々たるものなのでしょうが、塵も積もれば、ということなのかと思います。
田舎の小さな駅の旅情が好きだからこそ、廃止されずに残ってくれればとも思いますが、一方で、よくぞ今まで、とも感じます。
その駅を使う学生さんの卒業、今まで利用していた地元の方が別の手段で通院する、そのような話を聞きますと、その方のために駅としての使命を全うした駅もあるのだろう、役割を終えて良いのだろう、と思う駅もありました。
別の交通手段に切り替える必要など、沿線の人が変化を余儀なくされる事態もあると思いますので一概には言えませんが、鉄道は生きたシステム、時とともに変化は必ず起きるものと思っています。
その中で、私はこちらの駅に降りることは叶わないままとなりました。

今日も素敵なお写真を拝見させて頂き、ありがとうございます。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
  1. 2018/08/27(月) 14:26:51 |
  2. URL |
  3. 風旅記 #O7xVy9HA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwasorailway.blog.fc2.com/tb.php/547-4a21586a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

いわそう

Author:いわそう
主に北海道・美瑛の丘、蒸気機関車、ローカル線をモチーフに創作活動を行っています。

【個展歴】
2008年
「憧憬の丘」
~美瑛の丘に魅せられて~
(Cafe TassesVariees 下北沢)

2011年
「丘への想い 秋・冬」
~美瑛の丘に魅せられて~
(三菱自動車工業(株) 本社ショールーム 環境ギャラリー)

2012年
「四季めぐる丘」
~美瑛の丘に魅せられて~
(三菱自動車工業(株) 本社ショールーム 環境ギャラリー)

【著作権について】
このブログ内の画像・文章等の著作権はいわそうに属します。無断での使用は固くお断りします。

カウンター

カテゴリ

【RM GALLERY】因美線に魅せられて… (16)
書籍掲載写真 (30)
フォトコンテスト (2)
北海道 (42)
東北 (40)
東日本 (99)
東海 (13)
西日本 (61)
四国・九州 (16)
未分類 (0)
大糸線キハ52 (83)
因美線タブレット (25)
蒸気機関車 (54)
夜行列車 (55)
新幹線 (23)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR